別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

昨夜、久し振りに就寝中ベッドから落ちるという体験をしました。
いやはや、実に十数年ぶりです(遠い目)

大した高さではなかった上に、とっさに手近にあった椅子の背を掴んで勢いを殺したらしく(←寝ぼけていてよく覚えていない)大事には到りませんでしたが、肝が冷えました。
どうやら、最近とみに寝相が悪い息子を潰すまいと無意識にベッドの端へ寄って寝ていたため、寝返りをうった先が空中だった、という事態になった模様。
とりあえず、落ちたのが息子じゃなくて私でよかった…。

生後4~5ヵ月くらいまではベビーベッドで寝ていた息子ですが、今は私と同じベッドで添い寝をしています。
重くなってきたので抱っこで寝かしつけてベッドに下ろすという習慣を止めて、添い寝で寝て欲しかったのがひとつ。
あとは、寒くなってきたので夜中の授乳のたびに布団から出たくなかったのがひとつ(笑)
くっついていると暖かいのか、息子もよく寝てくれるようになりました。
今では朝が超早い(4時起きがスタンダード)ものの、夜8時からずっとぐっすりです。

が、このところお座り、ハイハイ、つかまり立ちと立て続けに身体能力が進化した息子8ヵ月、寝相が一気に悪化しました。
寝ぼけてごろんごろん寝返り、あまつさえ目を閉じたままハイハイし、壁にガンゴンぶつかっても起きない(笑)
私と壁に挟まれて寝ているので夜中はよっぽど大丈夫なのですが、彼が寝てから私が夕ご飯その他を済ませて就寝するまでの間、広いベッドの上で赤子はひとりのびのび野放し状態…。
ちょくちょく様子を見に行くのですが、ギャー!なんでそんなトコにいるのー!と叫びたくなるような位置でくうくう平和に寝ていることも。

もうそろそろ、ベッドを諦めて床に布団を並べて寝た方がいいんだろうなぁ。危ないもの。
手が届く範囲(=危険エリア)も広がってきたことだし、部屋の模様替えが必要なようです…。
スポンサーサイト
サイトトップからブログ(別冊)へ跳べなくなる不具合を修正しました。
ご指摘くださったなつ様、中学二年生様、ありがとうございました!

さて、遅咲きの桜も満開を向かえ、程よく入学式に色を添える頃となりました。
こんなにのんびりとした新学期は本当に久しぶりで、なにやら調子が狂います。
そもそも赤子と暮らしていると「春だなあ」とは思っても「新学期だ!」とはなかなか感じられず、そんな自分にビックリ。

4月といえば新学期、新学期といえば春の修羅場、
桜を愛でるより時間割を組め、クラス開きの準備をしろ、
新しい生徒を手懐けなくちゃ、ああ課題テストの採点がっ!
……というのをここ何年か続けていたもので。

お日様を浴びながらほてほてとベビーカーを押し、
「ほら、みてごらん。桜のつぼみがほころんできた。
 咲いたらお花見に来ようか。きっと綺麗だよ。
 あ、タンポポも咲いてる、かわいいねー」
……なーんて赤子に向かってにこにこ話しかけている自分が別人のようです。
誰だコレは、わたしのしらないひとがいるよ!みたいな。
いやどっちも私なんですが。
産んでそろそろ8ヶ月、いまだに違和感が抜けません(笑)
こんなんで復帰してからだいじょうぶなのか。

県立高校で教員をしている私は県採用の公務員なので、大変ありがたいことに育児休暇を最長で満3歳まで頂けます。
私もまだ息子と一緒にいられます。頑張って公務員になっておいてよかった。
まあ、「子育てがしやすい県」アピールをしている以上、まず県職員の子育てバックアップ制度を充実させないことにはどのツラ下げて民間企業に指導入れるんだって話ですが(苦笑)
といっても仕事柄4月復帰以外はあり得ないので(←と産休に入る以前に校長にも教頭にもさんざん釘を刺された)、きっちり3歳までは取れやしないのですが。早めに切り上げで戻ってみえる先生も多いし。
それでも、十二分に恵まれているなとしみじみ思います。
だって満1歳までしか取れない職場だったら、私は今ごろ息子を保育所に預けてすでにキリキリ働いていなければならないことに。
……無理ムリむり、私にはムリだ。許容量オーバーだって。
でもちょっと前までの先生たちや、今でも民間の多くの職場ではそうなわけで。
経済的な事情から、やむなく職場復帰してみえるお母さんたちもいらっしゃるわけで。
頑張って稼いで養ってくれる夫や、
苦労して子育てしながら少しずつ制度を勝ち取ってきてくれた先達ママ先生たちや、
迷惑かけているのに「子育て頑張ってねー」と言ってくださる職場の方々や生徒たちや、
たくさんの人たちのおかげで、私は今、息子とゆっくり過ごせるんですよね。
ひたすら感謝、感謝です。ありがたや。

そんな気持ちで眺める桜は、いつもの修羅場到来を告げる花という目線で見るのとは違う色で咲いている気がします。
近所に桜並木があるので息子とお散歩がてら日参しているのですが、
さすが全部クローンなだけあって気温や日当たりなど条件が一緒ならば見事なまでに咲くのが同時。
咲き始めの一輪、二輪を見つけるのも楽しいし、
だんだんと花が増えてくるとワクワクするし、
満開になったときの美しさといったらため息が出るし、
風に舞う桜吹雪もまた風情があってすばらしい。
でも、こんなに桜の色々な姿をじっくりと眺めるのはやっぱり初めてかも。

車で通り過ぎるだけじゃわからないことが、歩いているといっぱい見つかります。
桜だけじゃなくて、道端に咲いているタンポポやナズナ、
あそこの家の庭はよく手入れされていて梅がそろそろ咲くな、
公園の花壇の花がパンジーに植え替えられてる、
畑の白菜が収穫されて次は何が植えられるんだろう、
用水路の水かさが増えてきたな、
今日の空はまだ一段と青く澄み渡ってる、
風が暖かくなってきたね、などなど。
息子に見せてあげたいものが、世の中にはたくさんあって嬉しくなります。
お散歩って大好きだなあ。特にこの季節は、キレイなものがいっぱい。

子どもが産まれてから、息子に教えられたことは本当にたくさんあるけれど、
ゆったりとした時間の使い方や、そこから見えてくるたくさんのモノ、というのもその一つだと思います。
いつか私が教員に戻った時は、今までとは違った教員になれる気がします。
今しか過ごせない大切な時間を目いっぱい堪能して、一回り人間的に成長してから戻りたい。
とりあえず、明日も桜の下へお散歩にGO!
素敵なものがまだまだたくさん見つかりますように。
前回、「ゲーム用語やら理系用語やらがこぼれても気にしないママさんいないかしらー!」と叫んでみたところ。
サイトの常連様である先輩ママプレイヤー様からコメントが届きました。

「育児トークにゲーム用語が登場しても気にしませんよー。
 私は子どもが乳幼児だった頃、なかなか寝てくれなくてラリホーかけたいなあと思ったことが」
(※樹里ママ様、いつもありがとうございます!)

寝ない赤子にラリホー。
……うわあ、それってすっごくステキ(うっとり)

実際、赤ちゃんがなかなか寝てくれなくて困り果てているママさんは多いと思うのです。
ネントレ(ねんねトレーニング)なる指南書各種も発売されているほど。
私も一冊買いました。効果は、あったと思う、たぶん。
おかげで今は7時過ぎには就寝、朝5時ごろに目が覚めるまで1~2回しか起きません。
世間一般の赤ちゃんと比べてどうなのかは知りませんが、私は一時期に比べて格段に楽になりました。
現在生後6ヶ月を過ぎましたが、夜泣きっぽいものは未だ無し。
このままいってくれるといいなあ。

赤ちゃんのお世話って、おっぱいやミルクをあげるとか、オムツを換えるとか、沐浴とか、お着替えとか、そういうイメージだったのですが。
いざ産まれてみると、食事や排泄のお世話よりも「睡眠」のお世話にかなり大きな労力を要しました。
産まれたての赤ちゃんは眠るのが下手っぴらしいです。
もしかしたら「寝る」こと自体なじみが無くて怖いのかも?と思うほど。
うちの子だけか?と思っていたのですが、どうもそうではないらしい。
だから、「なんか良く分からんけど不快なんじゃー!」と泣いて訴えてみたり、
「眠たいけど寝られんのじゃー!」と泣き叫んでみたり、
とにかく、無事に寝かしつける、というのがとても大変なのです。
首が据わっておんぶができるようになるまでは、赤ちゃんが寝てる間にしか家事もできないし、
そもそも母が寝られないし休めない(←ものすごい切実)
ただでさえ新生児の頃は胃が小さくて一度に飲めないからすぐにお腹すいちゃうし。
寝ない赤子と戦うお母さんたちは、みんなけっこうなストレスを抱えてると思うなあ。

そんな、眠りたいのに寝られなくてぐすぐすしている赤ちゃんにラリホー。
しかも規定のターンが経過したら勝手に目が覚める。後遺症ナシ。
赤ちゃんはすとんと寝られて幸せ、お母さんも労力が激減して幸せ、みんなハッピーいえぇい。

それ、いい。絶対いい。
ああ使えたらいいのに本当にっ!

あとは、抱っこ抱っこで酷使する肩やら腕やら腰やらにバイキルトとか。
わずかな時間にぱぱっと家事をやっつけられるピリオムとか。
回復系はどれもありがたいけど、ケガじゃなくて病気には効くのかな。
インフルエンザを始め赤子がかかると怖い病気はいっぱいあるからなあ。
あ、でも病気にはパデキアか。

……いかんいかん、妄想がとまりません(笑)
攻撃呪文はまったく役に立ちそうにありませんが、補助系を中心に子育てが楽になりそうな呪文はいっぱいありそう。
ドラクエ世界のお母さんは、寝かしつけにラリホー使ったりしてるのかしら。
寝不足と疲労で「しかしMPが足りない!」って言われちゃったりして。
でも今までプレイしたドラクエで登場した「赤ちゃん」って、DQ5の主人公とその子どもたちくらいしかいないかも。
乳児を育てているお母さんにも遭遇したことはないような。
そもそも赤ちゃんのアイコンって、無いよね。
まあ需要がないからなんだろうだけど。
うーん、一度ドラクエ世界の子育て世代の実態をのぞいてみたいものです。
引き続き、離乳食に奮闘しております。
すりこぎ(断じて乳棒ではない)を新調したのが効を奏したのか、合間に麦茶を飲ませてみたのがよかったのか、スプーン二刀流が効いたのか(奪取しようと必死だったので1本持たせてみた)、なんとか野菜も食べてくれるようになりました!嬉しい~!

頑張って作ったものをプイってされ続けると、赤子相手と分かっていても凹むんですよね…。
まだモノによっては「んべぇ!」とされるので、試行錯誤は続いていますが。
でも、一歩前進!いぇい!


趣味欄に堂々「料理」と書く夫も、離乳食の進み具合は気になるらしく。

「今日は何食べさせたの?」
「ホウレン草の出汁伸ばしー」
「おお、ホウレン草デビューかぁ。んでどんだけ食べた?」
「小さじ三分の二くらい?」
「…そっかぁ、まだなかなか食べないな」
「まあでもホウレン草は初めてだし。今は定量より定性の時期だから」

「………ヨメさん」
「ん?」
「いま、なんて言った?」
「え、今はまだどれだけ食べたかより何を食べたかのほうが大事な時期だと」

「うん、そうなんだけど、ソレをなんて表現した?」
「量より性質(たち)」

「違うよね、もっと正確に」

「ええと、定量より定性」

「………ヨメさん、今後は乳棒と乳鉢事件について僕をからかって遊ぶことを禁止します」
「なんで?」

「定量と定性の後に続く『実験』以外の単語があるもんなら言ってみなさいそこの理系女子!
 なんでそんな単語がナチュラルに日常用語に登場する!?ヒトのこと言えないだろ!」
「ぐっ…!」


理系学部に在籍し、濃ゆーい理系友人たちに囲まれて生活していたのは随分と昔のことのはずなのに…。
さらに去年の夏に産休に入ってからは、職員室などでその手の単語を聞く機会もなくなったのに…。
おかしいなまだ洗脳が解けてないのか?

「ヨメさん、ママ友さんたちとおしゃべりする時は気をつけなよ?
 うっかり化けの皮剥れたら『何このマニアな人!?』って普通のママさんたちに引かれちゃうよ」

真顔で心配してくれてありがとうダンナさま。
化けの皮って、わたしゃ妖怪変化かなんかかい(遠い目)
そんなことはないはずだ、私は「普通のママさん」だ!ちょっと周りに毒されていただけで!

「…いや、現実見ようよ。無理があるよ、ね?」

うわーん、うっかり理系用語やらゲーム用語やらがこぼれても気にしない、度量の広いママさんいないかしらー!
離乳食に苦戦中の新米母です。
なんとか野菜を食べてもらおうと現在奮闘中。

離乳食キットなるものに付属のスプーンは、裏漉しには大変便利なもののすりつぶす用途での使い勝手は今一つ。
ちゃんとしたやつを買いに行こうかなぁと思い立ちました。

幸い今日は夫が在宅。
うんちオムツにも怯まないと豪語するイクメン殿よ、ちょいと息子と留守番を頼まれて下され。

「ちょっと買い物出てきてもよい?」
「ほいよ、了解。たまには息抜きしといでー。本屋?ゲーム屋?」

イヤ今回は公務です。
っていうかさ、私の息抜きは服でもカバンでもアクセでもなく本とゲームかい。
……正しいけど。(さすが長い付き合いよく妻を把握している)
でもゲーム買ってもやる暇ないよ、これ以上積みゲーを増やすわけには(遠い目)

「いやホームセンターに行きたいのよ。離乳食用のすりつぶすヤツ欲しくて」
「ああアレ?学校から持ってきたげようか?」

夫の勤務先は高校(私と同業)。
確かに調理実習室にはたくさん転がっていそうではある。
が、備品を持ち出すのはさすがにまずかろう。

「ちょうど実験室のいろいろ買い直すって言ってたし」
あーなるほど、廃棄するものをもらってくるぶんにはいいのか。

…ん?
実験室?

実習室じゃなくて?

「ダンナさま、私が欲しいものが何か分かってる?」
「え、乳鉢と乳棒でしょ?」

……いやいやいやいや。
確かに用途は一緒だけれども!
でも決定的にイロイロ違うでしょうが!
「…アナタ息子に炭酸水素ナトリウムやらなにやらすりつぶした器具で料理したモノを与える気ですかっ!」

「え、ちゃんと蒸留水で洗うよ?なんなら新品買っても」
そういう問題かっ!?

「違うよ!すり鉢とすりこぎだよ!調理器具だよ実験器具じゃなくて!」
「………あれ?」
「小首かしげてもダメですよそこの理系男子!
 少なくとも、何の薬品すりつぶしたか分からん鉢で食材を調理できるかーっ!」


とこのようなやり取りを経て、無事にすりこぎを入手してまいりました。
理系男子って言われた…よりにもよってかなり濃い理系女子であるうちのヨメさんに!と夫は凹んでいましたが(笑)


明日はニンジン食べてくれるといいなー。
とりあえず息子が昼寝しているスキに試作してみようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。