別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日、今日の2日間に渡り、大学入試センター試験が行われました。
担任団は応援を終えてそれぞれ帰宅しましたが、
今頃生徒たちは、最終科目の物理・地学と戦っているはずです。

試験会場は、高校単位で割り振られます。
うちの生徒たちが指定されたのは、地元のとある大学。
模試やら英検やらで、生徒たちにも馴染みの場所なのはありがたかった。
・・・の、ですが。
同じ会場で受ける他の高校の顔ぶれときたら、もう。
この地区で1番の進学校以下、トップスリーが揃い踏み!
また、そういった学校は派手派手しい垂れ幕やらのぼりやらを押し立て、
その大学(地域ではトップの国公立)の在校生を集めての応援体勢。
それだけでも、二流集団のトップを自認しているうちの生徒たちがビビるビビる。
これこれ、戦う前から負けちゃダメよーっ!?

「だから会場決まったときに言ったでしょ?
 雰囲気に飲まれるな、所詮相手も高校生だって」

「でもせんせー、見るからに頭良いよー?」(←学ランだった模様/ウチはブレザー)
「バスんなかで見てた参考書とかも超ムズげやったよー?」(←盗み見したの?)
「あんなんに隣でスラスラ解かれたら、絶対パニクるー!」

「えーい、いいの!あっちのが勉強できたとしても、
 ウチの生徒たちのほうがかわいいんだから!(どきっぱり)」

隣で点呼を取っていたトップ校の先生にチロリと睨まれましたが。
そっちのが勉強はできるって素直に認めてるのよ、見逃してよねっ!
自分とこの生徒が一番かわいいのは、どこの学校でも一緒でしょ?

「――――せんせ、それ、褒めてる・・・?」
「もちろん!性格のよさではどこにも負けてないっ!(自信満々)」
「・・・そうやよねー、うちらイイ子やもんね」
「勉強できるの鼻にかけたりせぇへんもんね」
「おバカなりに頑張って勉強してきたんやし」
「あたしらなりに、一生懸命やればいいんやもんね」
「そうやー、別に東大とか受けへんのやしー?」
「いやいや、まず受けさせてもらえんから!足切りあるから!」

誰かがそうオチをつけて、一同爆笑。
よしよし、やっと笑顔が戻ってきたな。(ほっ)

「せんせー、あたしら、ちゃんとできると思う?」
「できる。絶対できる。自分らが信じられへんのなら、
 私の見る目を信じなさい。落ち着いて実力さえ出せれば、
 私の仕込んだ生徒に解けないセンター数学などないっ!」
「うっわー、先生言うねー」
「マジちょーオレ様発言やしー!」

ここでもう一つ笑いを取って、握手をしてから送り出しました。
真剣味とか集中力とかって、もちろんとっても大事だけど。
眉間に皺寄せて解くよりも、肩の力を抜いていつも通りに。
正直、不安なのは私も一緒なんだけれど、
私たちがじたばたしたってしょうがないしねぇ。
受けるのは、生徒たち自身なんだから。
受かっても、受からなくてもいいけど(だからホントは良くない)、
どうか後悔の少ない受験になりますように。

明日は、朝から自己採点が行われます。
それを踏まえて、国公立と残りの私大への出願をします。
2次での得点力があまり期待できないうちの子たちにとって、
すべてはセンターの出来次第。特に、国公立を受ける子達には。
土曜日には、国公立大学の出願指導検討会があり、
日曜日は親さんを交えて最終懇談を予定しています。

犀はすでに投げられた。火蓋は、切って落とされた。
走り出した列車の行く先は、今後の努力と決断次第。


しばらく、本サイトのドラクエ奮闘記はお休みさせていただこうと思っています。
全力で頑張る生徒たちを、全力で応援したいと思うので・・・。
楽しみに覘きにきてくださっている方々には本当に申し訳ありませんが、
どうぞご理解いただきますよう、伏してお願い申し上げます。
ごめんなさい。

ケイタイからでも更新できるこちらのDAYSは、
隙を見て暇をこじ開けてほそぼそ続けたい・・・予定です。(予定は未定)

サクラサク、その頃には戻ってくるつもりでいます。
皆様にも、素敵な春が訪れますように――――。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soraironote.blog4.fc2.com/tb.php/104-c9d5a99f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。