FC2ブログ

別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

皆様、お久しぶりです。
巷ではDS版ドラクエ6が無事に発売の日を迎えられた由、まことにおめでたく存じます。
……という話を、金曜日になってから2年生の生徒に聞きました。
(いつのまにやら、そこまで広まっていたらしい私のドラクエ好き)
3年生も私も、それどころじゃなかったもんなぁ。(遠い目)
ドラクエの新作(リメイクだけど)を「そんなこと」呼ばわりしちゃいかんのだけども。
でもほんとーに、それどころじゃなかったんだもの。(言い訳)

今年のセンター試験は、数学ⅠAと物理の平均点がダダ下がりという、
まったくもってウチの学校の子たちにド逆風な結果となりました。
ⅡBはいいのよ、どうせ全国みんな解けやしないんだから。(ヒドイ)
ある程度取れるはずのⅠAで点が稼げないってのはねぇ、もう。
どんな問題がきてもびくともしない最上位層の数人以外、そろって撃沈。
「調子が良けりゃ第一志望にだって受かる、はず……!」の中間層が
見事なまでに壊滅的な打撃を受けました。
上だけ残して地滑りみたく、どどどどどーと。
ウチみたいな総中流層の学校にはキツイんだって、こういう年はっ!
もう数学担当としては、申し訳なくて仕方がない……。
くそー、外接円だったら備えはばっちりだったのにー。
(出題は内接円でした。今さらだけど悔しい)

おまけに、物理が難しく生物が簡単だという、
工学部系へのイジメか!?といわんばかりの理科の情勢。
ウチの理系はほとんどみんなが工学部志望なのにー!
理学?薬学?あぁん?医学部医学科だぁ?
そんなとこ受けるヤツは三本指にも足らんつーの。
かろうじて生命工やら農学の子やらには追い風ですが、
いかんせんバイオは女子の進学率上昇に伴って全国的に高倍率。
世の中、うまく行かないわよねぇ……。(遠い目)

加えて、世の中は不況。
みんな遠くの有名私大よりも近くの国公立を選ぶ時代。
隣の県の某大都市から、うちの地元の国立大への流入がハンパなく増加……。
平均点が下がってみんな弱気だから、多少ランク落としても安全に受かるとこにするのよね。
うん、気持ちは分かるわ。分かるけれども。
そこを第一志望にして頑張ってきた地元の子たちには大迷惑もいいところなのよぅ。
だからといって、開いた向こうの難関校へ殴りこめるほどの腕はない。
「くるなー!」「こっちくるなー!」「そっちで勝負しやがれー!」
「こっちはもうココしかないんだぞーっ!?」
放課後に男子生徒数名が渡り廊下から空に向かって叫んでましたが。
……かなり情けなくはあるけど、掛け値なしの本音よね、あれ(ほろり)。


そんな状況だったので、すんなり第一志望の大学に出願できた生徒はごくごく僅かとなってしまいました。
第二志望に出せそうな子はまだいいほうで、思ってもみなかった大学への出願を考えなければならない子も多数。
昼休みも放課後も土日もぶっ通しで、懇談、懇談、また懇談。
親さんにも来ていただいて、進路指導部長も引っ張り出して懇談三昧。
だってねぇ、「受かりたい」って気持ちは大事じゃない?
「受かりゃどこでもいいのかよ、節操のない……」なんて言える人は、贅沢よ。
行きたい大学にこだわれるほど、理解のある家ばかりじゃない。
浪人を許してもらえるほど、裕福な家ばかりじゃない。
私立に通わせてもらえるほど、家計に余裕のある家ばかりじゃない。
地元の私立と、下宿の(都市部じゃない)国公立では、予算はたぶんトントンくらいだ。
たとえ最終的には滑り止めの地元私大を選ぶんだとしても、
「遠くでも良いから国公立にチャレンジしたい」って心意気を大切にしてあげたい。
ココを受けるって自分で決めて、残り一ヶ月全力で頑張って。
受かるにしろ落ちるにしろ、そうしないと終われないよ。
私大に入れる入学金が無駄になるからって、それもさせてもらえない子もいるけどね……。

国公立にこだわりすぎるって批判も一部の職員・保護者からはあるみたいだけど。
入学時のアンケートでは、「国公立大学を目指している」生徒が8割弱。
3年進学時には多少減っているけど、それでも多くの子が「国公立」を目指してきた。
苦手科目から逃げず、5教科ちゃんと全部頑張ってセンター受けて、
そうしないと許されないのが「国公立の受験」だもの。プライドがあるよね。
まっとうさせてあげたい。おうちの事情が許す限りは、だけど。
節操なく受かればどこでもいいわけじゃなくて、最後まであきらめず戦いたいだけ。
悔いなく戦わせてあげたいだけ。きちんと高校生活を終えられるように。

「国公立の数が学校の評価につながるから、無理に地方の国公立を受けさせてるんじゃないか」なんて。
いっぺん3年の担任やってみろってのよ。そんなこすいコト考えてる余裕があるもんか!
生徒がやってみたいって言ってんのよ、応援するのが教員の筋ってもんでしょうが。
そもそもやる気の無いヤツに無理に国公立を勧めたりしないわよ。
その子も私にも、時間と労力の無駄にしかならんっつーの!
そもそも国公立の数だけで高校を評価するほど、
世の中の中学生と保護者はおバカじゃないっ!(はずだ!)


と、そんな感じに二週間ほどキリキリキリキリ戦った挙句。
ウチのクラスの国公立出願にようやく全部片がついた先週木曜日。
……倒れました。ええもうばったりと。
最初はおなかの調子がよろしくないなー、食あたりかなー、
なんで気持ち悪くて食欲無いんだろおかしいなーとしか思っておらず。
正露丸飲んで吐き気と下痢その他に耐えていたのですが。
胃の中に入れたものがすべて、上から下からだーだー出るに至り。(表現汚くてゴメンなさい)
たいしたこと無いと言い張るところを無理やりダンナに病院へ連行されました。
受付で熱を測ると、37度5分。

「典型的な、胃腸風邪ですね」(どきっぱりとお医者様)
……おっかしーなー?風邪の自覚症状なんて、さっぱりきっぱり無いよ?

「とにかく休んで、体力戻してください。ハイ、吐き気止めと抗生物質と(以下略)」
――――わー、ほんとに胃腸風邪の処方だー。(遠い目)

帰宅する道すがら、ダンナ様に運転しながらこんこんとお説教を受けました。
そして、帰り着くや否や、布団に叩き込まれ戒厳令を発動されました。
分かってるよ、私が悪かったよぅ……(ゴメンなさい)
調査書全部書き終わっといて、ほんとに良かったー!(シャレにならん)
月曜からは復活して、3年生の私大対策を頑張りました。
でもまあ、これで一山、かな?
今週は、高校入試(前期)があるのでそちらの業務で忙しいです。
それと平行して、国公立の2次対策をやらなくっちゃ。
生徒があきらめない限り、私たちもあきらめない。最後まで戦うぞー!おー!

以上、生存報告でした。
ドラクエ6を楽しんでいる皆様、私の分も遊んどいてくださいねー!
(受験終わったら私も遊ぶんだー!)
スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soraironote.blog4.fc2.com/tb.php/105-90e0bb90