別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日、今日の二日間。
新しい勤務先までの通勤ルートを確認しに、隣の隣の市まで行って来ました。

繰り返しますが、私は今まで市内しか乗ったことがありません。
免許を取ったのは数年前なれど、実働経験は間違いなく一年未満。
若葉マークもいいところです。

・・・で、付けてみました。(生暖かい微笑み)
これって道路交通法違反になるんでしょうか。
自動車学校の学科教本を参照してみましたが、一年未満の人がつけなければならないという義務は載っていても、一年以上の人がつけていたときに関する記載はありませんでした。
まあ、普通の人は付けようだなんて思わないですもんね。
うーん・・・。

若葉マークをさりげなーく貼り付け、隣にナビ役の父を乗せ、実に心臓に悪いドライブのスタートです。
道順自体はそう難しいものではなく、「国道をまーっすぐ進み、堤防道路をだーっと走り、ぐいぐいぐいと町中を行けば着く」(赴任先校長先生談)、はずです。
国道は、問題ありませんでした。
かっ飛ばす周りの車に押されつつ、馴染みのない複数車線にびびりつつ、まっすぐまっすぐ進んでいけばいいのです。
土曜日だったので程よく道も空き、なんとかかんとかクリアしました。

問題はここから。
堤防道路といっても、近所の狭い川沿い道路とは違い、それなりの道幅があります。
信号すら、まったくありません。
・・・でも怖いです。
ガードレールがないんですよ。
あんなにぐねぐね曲がってるのに。
うっかりハンドル切り間違えたら、真っ逆さまに川原へGO!ですよ。
高いところは嫌いだー!(魂の叫び)

さらに。皆さんやたらとスピードが速いです。
規制速度は50ですよ?
私だって60くらいは出してましたよ?(ホントは駄目だけど)
どうして私の後ろに延々と数珠繋ぎができてしまうのでしょう(遠い目)
先頭がとろとろ走ってる初心者で、しかも折悪しく追い越し禁止車線で、イッラーと来るのは分かりますが。
迷惑かけて、本当に申し訳ないと思っていますが。
ちゃんと自覚してるんで、バックミラー越しにおっそろしい目でにらまないでくださると嬉しいですワゴン車の見知らぬおじさま。
もう、生きた心地がしませんでした。(遠い目)
後ろを気にしつつぎりぎりまでアクセル踏んで、それでもまだまだ増えていく数珠繋ぎ。(堤防道路なのでまた後ろがよく見えるんだな)
早いー!怖いー!それに何より申し訳なさ過ぎる!(ひー)
ごめんなさい、身の程知らずに運転なんかしてごめんなさいー!

・・・トラウマになりました。真剣に怖かった。(真顔)
しかも夜になったら、街灯ひとつないあの道はどれだけ恐ろしいことになるのでしょう。(ぞぞぞ)
日が落ちる前に帰れる職業じゃないだろうしなぁ。

堤防道路を下りてから、地図を見つつ高校を探します。
・・・そして見事に迷います。
地図を持ってるのは私ではないです。助手席の父です。
である限り、迷うはずはなかったんですが。
・・・が。
父が指示する道を、私がことごとく間違えて進んだんですね。(がっくり)
「そこの信号」と言われてうっかり手前で曲がったり。
「さっきのミニストップの角」、と言われて通り過ぎるまで「え?ミニストップってどこにあった?」ときょろきょろしたり。
普段の親子コミュニケーションがどうとかいうより、もう完璧に私の方向感覚と距離感覚がおかしいんだとしか思えません。
おとなしく電車で通ったほうがいい気もしてきました。(後ろ向き全開)

教訓を踏まえ、今日は母を乗っけて堤防道路を通らない道を開拓してきました。
・・・また町中で迷いました。
だって昨日とは違うルートだったんだ。(言い訳)
おかしいなあ、ちゃんと調べた地図を片手に、念入りにイメージトレーニングしたんだけどなぁ。(ミステリー)
まあ、無事に帰ってこられたのでよしとしておきましょう。(いいのか?)

明日は新採用&転入者説明会があるので、一人で学校まで行き一人で帰ってこなければなりません。
たとえ道を間違っても、ナビはいないのです。
・・・無事に帰ってこられたら、ご報告しましょう。
(無事じゃなかったら多分それどころじゃない)


<追記>
今天気予報を見ましたが、明日は雨だそうですよ。
・・・ワイパーって、左のやつでよかったっけ。(はなはだ不安)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soraironote.blog4.fc2.com/tb.php/14-eaa47d62

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。