別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
PS2にてリメイクされたドラゴンクエスト5―天空の花嫁―のプレイ日記。
注:ネタバレがあります。未プレイの方はご注意ください。



第2話 幼なじみと村の洞窟

前回意図的にすっとばした、「彼女」との再会について語ろう。

パパスに連れられ、サンチョに出迎えられて家に入ると、おばさんと女の子が中にいた。
金の髪を二つのお下げに編んだ、可愛い子だ。
きゃー!ビアンカー!!ひっさしぶりー!(ぎゅむっと抱きつく)
相変わらず可愛いなあ。(めろめろ)
二階へと誘われて「いいえ」を選ぶと、
「そんなこと言ってないで。さ、いくわよ!」(うろ覚え)
とあっさりスルーされる。
・・・ビアンカは今日もビアンカだった。(可愛いなぁ)

二階の部屋で、昔話などしつつ二人で遊ぶ。ちっちゃい主人公も可愛い。
「わたしのこと覚えてる?」と聞かれる。
いやだなぁ、君のことを忘れてるわけないじゃないか。(もちろん「はい」を選択)
「・・・ほんとかしら」
信じてもらえなくても君が好きさ!

ビアンカたちを宿屋へと見送って、町の中を探検。
畑のキャベツも、咲いてる花も立体だよ・・・。うわぁ。
まずは何も買い物をせずに、洞窟へGO。だって中になんか有りそうだし。(ケチ)

初めての洞窟は、視点切り替えがあるおかげか記憶よりもずいぶんと簡単だった。
360度とはいかないまでも、正面を中心に左右120度くらいずつは動く。
真後ろが見られないのは残念だけれど、これで遠くにある宝箱も、袋小路になっている道も丸分かりだ。
部屋に入ってみないとわかんなかったSFC版より、ぜったい簡単だと思う。
だってこの(強調)私が迷わなかったんだもの。(これってすごい)
もっとも、前にプレイしたときは正真正銘生まれて初めてのダンジョンだったわけだからして、単純に比較はできないんだろうけどさ。

そのときの経験を生かし、ホイミを覚えるまでは延々とB1階で経験地を稼ぐ。
回復呪文を習得してからはB2、B3と潜り、皮の盾をゲットしおじさんを救う。
ちゃんと一番奥にいるスライム君とも話す。
・・・正味15分くらいで終わっちゃったんだけど。(びっくり)
この視点切り替え(というか俯瞰的視点)、すごくいいなあ。(感動)

MPがあまっていたので、ついでにレベル5になるまで経験値を稼ぎ、外へ。
おかみさんとビアンカの護衛のため、パパスと共にアルカパへ向かう。
オートなので操作はしなくていいんだけど、道はしっかり覚えなきゃ、と画面に魅入る。
・・・ダメだ、もうサンタローズがどっちにあったかわかんなくなってきた。
フィールド画面は迷いやすくなってると思うなぁ。(私だけ?)

アルカパの町に到着。
ダンカンさんのお見舞いもそこそこに、ビカンカと共にお散歩へ。
わーい!念願の「なかま」コマンドだ!!(待ってました!)
アクションを起こすたびにセリフが変わるのが嬉しくて、無駄に部屋に入ったり出たりする。
しつこく話しかけて、とうとうビアンカ「……。」と言われてしまった。
ごめんって。呆れないでー。

ビアンカのセリフはいちいち可愛い。
「わたしたちを いたずらっ子とまちがえるだなんて 失礼しちゃうわっ!」
・・・もう胸キュンだよ。ドキドキだよ。ビアンカは可愛いなあ。(そればっかり)


教会でセーブして、今日はここまで。
さて次は、あそこに見えてる「子猫ちゃん」を助けに行かないとね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soraironote.blog4.fc2.com/tb.php/2-44672af7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。