別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「日記」の趣旨には著しく反するけれど、書けなかった一週間分を土日にまとめて書いてしまおうダイジェスト版、金曜日分。

GW中にぽっかり入った授業の日。
生徒のやる気はを這うが如し、でもね。授業をする方だって大変なのよ?
世の不幸を一身に背負ったみたいな顔してんじゃないわよ高校生。(八つ当たり)

そんなこんなでせっかく取ったテスト対策のための時間もクラス中ダルダル。
うちの高1にテストに対する真剣味を求めた私が浅はかでした。
20分持たないってことがようく分かりましたよ。
こんどから演習の時間は細切れにしようっと。

寝こけているヤツは、まあ私やクラスに被害があるわけじゃなし本人の首が後から絞まるだけなのでほうっておくだけなのですが。(いちいち起こしてたらキリがない)
ああでも周りの真面目に勉強してる子には腹立つ光景だろうけれども。(そうするとやっぱり起こすべきか?)
まあそれはともかく、ぺちゃくちゃと声高にしゃべまくってるのは他の子に迷惑極まりないので、真剣に教室からたたき出したくなります。(真顔)
どこのカップルがくっつこうが別れようがどーでもいいからそんな話は休み時間にやれ休み時間に。
せめて声を潜めて小声で話すとか言う気配りは出来ないもんですかね。
高校は勉強しにくるところなんですよ?
義務教育じゃないんですよ?
いっそ帰れ!といえないところが辛い新任教員。
舐められてるなあ・・・。

げっそりしつつその日の授業を終え、この日から時間割当番になっていたため来週の出張のための時間割組み換え作業をします。
来週の頭には課題テストがあるためただでさえ特別時間割が組まれており、ややこしいことこの上ありません。
どっかから内線電話がかかってくるたびに時間割変更依頼じゃないかとビクビクです。
書いては消し、書いては消し、を繰り返している間にもう何がしたかったのかもだんだん分からなくなってきて、結局7時過ぎまでかかったあげくに他の先生方に助けていただきました。
ダメだ、私には無理だよ時間割係・・・。(しおしお)
それでもまだひとコマ動いていない部分があるので、月曜の朝に即効で動かさなくてはなりません。
じゃないと連絡が間に合わない。(ひー)
間に合う、かなあ・・・(とても弱気)

時間割板と格闘していたおかげで、すっかり飲み会に遅刻してしまいました。
一年生の正担任と副担任でつくる学年会の年度初め懇親会です。
あわてて駆けつけられたのはすでに開始から一時間ほどたった後。
拍手喝采で迎えられ(先生方はすっかり出来上がっていました)、美味しくご飯をいただきました。
車だったから飲めなかったんですよね。
もともとお酒はそんなに飲めないので、車を口実にして避けている部分もあったり。。(コップ半分で記憶を飛ばした経験アリ)
本当はこれは失礼な行為に当たるのでしょうけれども。
・・・ごめんなさい。

私よりさらに送れること30分、次の日に行われる校外模試の準備に追われていた進路の先生が到着され、やっぱり拍手喝采で迎えられました。
教員という仕事柄、飲み会に遅れてくる先生がいるのは日常茶飯事のようです。
一応連絡はいれておいたものの、遅刻にいい顔をされないんじゃないかとビクビクしていたので、暖かくねぎらってもらえてほっとしました。
本当にいい職場に恵まれたなあ・・・。(じんわり)

一年生の社会見学先をどこにするかとか、年度末の懇親旅行はどこへ行くかとか、最近開設された近所の進学校の理数コースについてとか、いい飲み屋の定義についてとか、真面目な議論からしょうもない話まで盛り上がりました。
学年主任の先生は実は私の大学の先輩にあたり、つまりは数学を専攻した方です。
当時で数学専攻の女性ってのは今よりもっと珍しかったんじゃないかなあ。すごいや。(カッコいい)
授業を見学にいったところ、
「数学はな、美しさを追求する学問なんや。
だからyとxが同じ式の中にあったら、yのほうを後ろに式変形しておいたほうがいい。
そのほうが、綺麗な形やもんなー」
としれっと解説しながら多項式を教えていらっしゃいました。
久しぶりに数学マニアな光景に出会えて嬉しかったです。
大学になら、こういう人種がごろごろしてたのに(何せ数学科)、最近はなかなか出会えません。(そりゃそうだ)

ふたりで「数学はすばらしい!」と盛り上がっていると体育の先生に「その話はもうやめとけ・・・」と切実な顔で止められました。
・・・楽しいのになあ。
京都の有名な石庭の石の並びは解析的に美しい間隔でしつらえられているんだとか、音楽の平均律は波長が指数関数的になるようにバッハが造った見事な螺旋を描く音階なんだとか、植物の葉っぱのつき方はフィボナッチ数列で自然って実にすばらしいでっすよねー、とかそういった話だったんですが。
数学を「美しい」と感じる人間は、やはり教育界においてもマイノリティだったようです。ちぇー。

とにもかくにも、楽しい時間でした。
教員が飲み会好きなのは、こうやってたまには鬱憤晴らさないとやってらんないからなんだろうな、とも思いました。
いろいろ裏話聞いちゃっていいのかな(笑)
次の飲み会は5月の第3週金曜日、球技大会の打ち上げです。
さらにその次は六月の頭に数学科会の歓送迎会が。
・・・ホント飲み会好きだなあ、うちの学校。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soraironote.blog4.fc2.com/tb.php/35-b47354cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。