別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
球技大会、翌日。
生徒はダルダルですが、職員だってダルダルです。
ただでさえ、少し前までの新規採用縮小のあおりを食らってか若手の少ない我が高校。
年齢不詳の先生も多々いらっしゃいますが、おそらく20代は私を含めて3人しかいないんじゃなかろうか。
ちなみにあとの2人は、生徒指導部の硬派な野球部顧問(社会)と、さわやか優男風バスケ部顧問(数学)。
どちらも面倒見のいい人です。(いつもお世話になってます)
生徒の人望も厚く、校内の人気を二分する2人。若いっていいなあ。(他人事)
そのほかの先生方は、私の両親とちょうど同じくらいの世代か、もしくはお子さんが小学生くらいのパパママ世代かのどちらか。
当然、張り切ってバレーをした翌日は体中がガタピシ言うわけで。
職員室のそこかしこから、エアサロンパスの匂いがそこはかとなく漂ってきていました。
・・・うんまあ、人のことは言えませんが。(遠い目)

太ももをかばいつつ階段を上がり(ボールめがけてダッシュしたため)、ふくらはぎをさすりつつ廊下を歩き(雑用のためグランド中を走り回っていたから)、背中と肩の痛みをなだめつつ黒板に向かい(普段使わない筋肉をフル活用でサーブしたせい)、なんとか頑張って授業を終えました。
うわー、筋肉がみしみし言ってるや。

よっこいしょ、と教科書その他一式の入った洗濯籠(提出物のあるときなどに便利なので荷物運び用に使っている)を持ち上げ職員室へ帰ろうとしたとき、昨日対戦した1年男子チームの面々に声をかけられました。

「先生、なんかお疲れやね」(にこにこ)
「昨日頑張っとったもんねー」(にこにこ)
「そうそう、なんかヤンクミみたいだった!」(にやにや)

「ヤンクミ・・・?」
ヤンクミというのは、あのドラマにもなってたごくせんの赤いジャージを着た高校教師さんのことでいいんだろうか。
でも私のジャージはグレーだったぞ?

はて、と小首をかしげる私に、にやにやと笑いながら口々に言いつのる男子ども。
「メガネだし」「髪、真っ黒だし」「スニーカーだし」
「トロいし」「おまけに数学だし」

そこで顔を見合わせて、いっせいに大爆笑。
「なによりさぁ、ジャージがぜんっぜん似合ってねぇ!」

・・・そこかい。(納得)

一瞬でも仲間由紀恵とどこが似てるんだろうとか思った私が大バカ者でしたよ。
似てるのはあくまで「ヤンクミ」のほうなワケね。それなら納得だ。
確かに、メガネだし(コンタクト挫折経験あり)。
髪は染めていない上に、昨日はひっつめに縛ってたし。(運動するには邪魔)
校内履きはスニーカーだし。(新任は雑用が多いので動きやすくないと駄目なのよ)
担当教科は数学だし。(でもごくせんの黒板見てる限りうちの生徒のほうがまだ出来は良さそう)
非常に不本意ではあるけれども、昨日のあの醜態を見られていたのならば「トロい」と言われても仕方ないかもしれません。
・・・ボールを彼方へ弾き飛ばしてコートで頭を抱えるたびに、観戦中の女子生徒たちに「せんせー、カワイイー!」とか叫ばれてはいたけれどもアレは絶対に褒めてない。(断言)
ドジで面白いって言ってるのと同義だ。(しくしく)
でもでも、ケンカはさっぱりだし、実家はサラリーマンだし、あんなに熱い「センセイ」でもないし、それなのにジャージの似合わなさっぷりでヤンクミですかそうですか。
似合わないのに自覚はあったけれども、改めて生徒に言われると微妙な気分。
・・・1年に何度着るか着ないかだしなあ、ジャージ。(基本的に屋内組)

そもそも女子高生にカワイイって言われる教員ってどうなんだろう。
私は可愛らしさよりも威厳が欲しいです。
提出物を有無を言わさず期限内に(←ココ重要)出せるくらいのオーラが欲しい。
だいたい、ピチピチハイティーンのお嬢さん方のほうがよっぽど可愛いよ。若いっていいねぇ。
まあ、生徒全般に嫌われて避けられて授業が成り立たんよりましだと思おう、そうしよう。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soraironote.blog4.fc2.com/tb.php/39-964620f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。