別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
でっかい寒波が襲ってきた、昨日。
ご多分に漏れず、私の勤務地にも居住地にも雪が降りました。

勤務先の高校があるのは山のふもと。
山間部……になるのかなあ、一応。山の向こうは日本海側らしいし。
つまりは、結構雪が深いところらしいのです。

朝、「ところによって、山間部では一時雪となるでしょう」という実に不吉なラジオの天気予報を聞きつつ、昇ったばかりの朝日が綺麗に照り映える青空に見送られて家を出ました。
確かに寒いなあ、とエアコンをかけ、ふんふんふんと一時間ほどいつもの通勤路を車でかっ飛ばします。
そしてあと5分ちょっとで学校に着くかな、という頃。


いきなりちらちらと目の前を横切る白いモノ。
…………雪ーっ!(きゃーあー)
うそー家のほう晴れてたのにーっ!?


赴任が決まった当初から、
「冬は大変だぞー」
「雪降るぞー、雪」
「あー……、ま、寒くなったら一人暮らしも考えないかんかもねぇ」
などど不穏なコメントを多方面からいただいていました。

――――けどまさか、十二月に入ってすぐにこんな大雪がやってくるだなんて思わなかったわよ。(がっくり)


幸い、ちょうど一週間ほど前にスタッドレスに換えていたので(「十二月に入る前に換えとけ!」と指導教官に言われていた)、なんとかなったものの。
この四月までバリバリのペーパードライバーだった私。
……当然、雪道を走った経験もないわけで。

帰り道、雪降りしきる中、初めての雪中強行軍を体験してまいりました。


いーやぁ怖かった。あれは真剣に怖かった。
真正面から大粒の雪が次から次へと襲ってくるその様は、さながら白いふわふわの服をまとった雪の妖精さんたちが槍を構えて大軍で特攻をかけてくるかのよう。
……例えは可愛いけど、凶悪さはとんでもないです。
前、見えないんだもん。本当に。ほとんど何も。
走り出す前は「滑るかも……」という不安が大きかったのですが、いざ走ってみると(スタッドレスのおかげもあって)視界不良のほうが断然恐ろしい。
前がきちんと見えるって、ステキなことね(遠い目)


そんなこんなで、神経をすり減らした一時間半のドライブでした。
こんな日がまだまだあるのかなあ。(だってまだ12月の頭だよ)
来年は、真剣に下宿を考えるかな、こりゃ。

スポンサーサイト

どうも,お久しぶりです.
私は車の運転を滅多にしません.
なので,雪の中の運転はまだしたことがないです.
雪が降っているときは確かに視界が悪くなりそうですし,止んでからは滑りやすくなることでしょうね.
文中の「真正面から…」という表現を見て,中本さんらしい書き方だなぁと思ってしまいました.運転をしていると,まさにその通りなのでしょうね.
これからそちらはさらに厳しい天気になるでしょうね.いろいろと大変でしょうが元気なようで何よりです.これからもお気をつけて下さい.

2005.12.06 22:24 URL | ハリー #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soraironote.blog4.fc2.com/tb.php/49-3133beee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。