別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
実力テストの採点が進んでおります。
今回、1年生の数学Aを私が作りました。

・・・また、やらかしたかもしんない。(遠い目)
平均点が、どうにもこうにも低すぎになりそうな予感がします。

以前にも、夏休み明けの実テ(と書いて実力テストの意)も、私が数Ⅰを作成し、学年平均点が29点という恐ろしい問題になってしまったという苦い過去があるのですが。
その教訓を踏まえ、それ以降のテストでは極力点が取れる問題を随所に加え、平均点があまりにも低くなりすぎないように配慮をしてきたつもりです。
・・・要は、「長期休暇の課題は(もちろん日々の宿題も)、当然自力で解いてくるものに決まっている」という私の認識が甘かったんですよね。
平然と丸写しで出してくるやつはまだいいほうで、最初の1ページと最後の1ページだけやって、あとは全部丸々白紙のままなのに、さも「全部終わりました」みたいな顔で提出してくるツワモノもいましたし(ばれるに決まってんでしょ)。
提出期限は当然守らないし、年が明けた今になってもまだ出しやがらない生徒もいます。
だんだんあほらしくなってきたので、最近請求もしなくなりつつあります。
提出物が一個でも出てないと単位が出ないよー、って何度も言ったのになぁ。私はもう知らんぞ?

そんな状態なので、数字すら変えずに同じ問題を並べたから平均点が70点くらいいっちゃうかしら♪なんて考えた私がお馬鹿だった。
ろくに問題に目も通してないんだもん。そりゃあ解けるわけがない。


分かっていたのに。あの時、そう学習したはずなのに。
だから、課題の中でも選りすぐりの「点が取れそうな問題」をならべ、さらに導入問題までつけて平均70点を目指したはずなのに……!

注:「導入問題を付け加える」とは
もともと問が一つしかない問題に(1)や(2)を付け加え、本題となる(3)を解くためのヒントや重要な手がかりが導き出されるよう細工をすること。
こうしておけば、(3)が解けない生徒でも(1)や(2)で点が稼げる。
また、(1)(2)の答えを眺めていたら、なんとなく(3)の解き方がひらめく、ことがあるかもしれない。

指導教官にもちゃんと見てもらったのになぁ。
私の、生徒の家庭学習状況および現在の基礎的学力に対する認識は、まだまだまだ、甘かったようです。(がっくり)
ああ、しまったなあ……。
でもあれ以上簡単にすると、出来る子たちが不憫だしなぁ。
点が取れる子達は、もちろんあんなテストなので80点以上をらくらく取ります。
学力差があるのがうちの学校の特徴だっていうけど、ホントだね。
出来る子達のモチベーションを維持しつつ、数学が心底苦手な子達をどうフォローしていくか。
重い、今後の課題です。


あと2クラス、特進組の採点が残っているので、そちらの健闘を期待します。
……平均点、計算するのが、怖いなあ。(遠い目)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soraironote.blog4.fc2.com/tb.php/54-76c51822

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。