別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
PS2版ドラゴンクエスト5―天空の花嫁―のプレイ日記。
注:ネタバレがあります。未プレイの方はご注意ください。



第5回 幽霊城ホラーツアー2

王妃さまが開けてくれた本棚の下の隠し階段を下りる。
最初にいきなり螺旋階段で最上階へあがってしまったので、いったいここが何階なのか分からない。非常に不便だ。
えーと?最初に入った部屋の、ひとつ下の階が屋上で、それと同じ階に王妃様がいて、んでここはその一階下だ。たぶん。
・・・ああややこしいったら。
便宜上、ここを上から三階目、と呼ぼう。
中央の大きな部屋はおそらく王夫妻の寝室だったところだと思われる。

反対側の塔から、上から四階目のフロアへ下りる。
・・・真っ暗だった。右も左も見えやしない。
一歩先に落とし穴でも開いてたらどうしてくれようかこんちくしょう。(びくびく)
幸い、時折空を裂いて光る稲妻が、一瞬だけ視界を開けてくれる。の、だが。
・・・・・・今見えたの幽霊じゃなかった?ねえ!?(恐慌)
白くて青くてふわふわしてたよしかも目つき悪ッ!(ホラー嫌い)
うわー、いやー、こわいー、誰か嘘だといってプリーズ!(現実逃避)
しかも次に光ったときはさっきよりもっと近くに来てやしませんか!?
寄るなー!ひー!(真剣に怖いぞコレは!)
おそるおそるビアンカの手を握って、床の穴を避けつつ目の前の階段を駆け下りる。
・・・っあー、怖かった。(心臓まだバクバクいってるよ)(小心者)

すでに何階だか分からなくなりつつも幽霊城の探索は続く。
あ、あの半透明な人はもしかしてここの王様なんじゃ・・・。
やたら足の速い彼を追いかけてダッシュする主人公とビアンカ。
逃げるものを追いたくなるのは、本能よね!(きっぱり)
ドアを開けると大広間の上部にかけられた空中通路に出た。
・・・幽霊さんたちがダンスパーティの真っ最中だった。
ひー!透けてるー!(某Dランドにこんなのあったよね?)
とり憑かれやしないかとひやひやしながら狭い通路を渡る。
足を踏み外しそうでそっちも怖い。

遅れても微妙に待っててくれる王さま。
たいまつの在り処と、親玉の居場所を教えてくれる。
いわれたとおり地下室の台所へGO。
骸骨たちは料理に夢中で子どもたちには目もくれない。
ちっ。つまらん。

先ほどは急いで駆け抜けてきたので、あちこちの部屋をゆっくり調べながら戻る。
玄関のカギも、内側からなら開くようだ。
一階では人魂さんが宿屋を営んでいる。
お客はいるのか、実入りはあるのかと是非お尋ねしてみたい。
うーん、どうしよう。
レベル上がって最大MP増えたことだし、一泊してみようかな?

・・・目が覚めると、そこはお城の外だった。
ほう、これだな。追い出されイベント。
SFC版のときは見逃したからなぁ。(宿屋があることすら知らずにクリアに必死になったいた)
いやあ、いいもん見た。(なんだか返って嬉しいかも)

HPに余裕はたんまりあるものの、いったんアルカパまで帰ることにしよう。
ずいぶんとお金も溜まったことだし、ビアンカにいばらの鞭をプレゼントできそうだ。
果物ナイフもいいけど、お嬢にはやっぱり鞭でしょう!(わくわく)

・・・続く
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soraironote.blog4.fc2.com/tb.php/6-23e62863

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。