別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
PS2にてリメイクされたドラゴンクエスト5―天空の花嫁―のプレイ日記。
注:ネタバレがあります。未プレイの方はご注意ください。



第9話 神経磨耗の氷の館

リメイクされて良かったなぁと思うことの一つが、画像の美しさだ。
特に、この雪に閉ざされた妖精世界のマップ画面は、降り積もる真っ白な雪といい、雪化粧に縁取られた険しい山々の稜線といい、いかにも寒々しい凍った湖といい、無駄なほどにキラキラしく、美しい光景だと思う。
視点が高いと迷わなくてすむしねー。(こっちが本音)

ポワン様の治める妖精の村から、北へと向かうことしばし。
地図に従って歩いていった山のふもとに、そのお城はあった。
ここの主の名は、雪の女王。
響きはとっても美しいのだが、いかんせん初プレイ時に期待を裏切られているため、今回は「きっときれいなおねえさんよね!」という夢は見ないでおこう。

さっそく、扉を開けて中へと入る。
……いきなり滑る。

あ。そういえばそうだった、ここの床ってば特殊なんだった!(すっかりぽんと記憶の彼方)
つるつると滑って、思うように止まれない氷の床と格闘することしばし。
地下室に落っこち、そこで宝箱を見つけ(そこまではまあいい)。
上へと上がる階段へとたどり着くのに相当時間を費やし。(とーおーいー!)
さらにさらに、ボスが居るとおぼしき二階への階段へとやってきたときには、相当疲弊しきっていた。
ここでこっちにカーソル入れたら、何マス分進むから……とか。
あそこまで行けば、そっちの柱でいったん止まれるし……とか。
RPGって言うよりもうパズルの域だよね。
いや、パズルだけならむしろ好きなんだけどさぁ。
一生懸命考えている最中に、戦闘を吹っ掛けてくるのはいただけない。
あー、もう、混乱するったら!(イライラ)

……おかしいなー、パズル系ダンジョンは得意だったんだけどなあ。
腕が鈍ってるのか、難易度が上がったのか、はたまた最初から大して得意でもなんでもなかったのか。(遠い目)
MP&HPも、ボス戦に挑むには余裕がある、とはいえない状況なのだが、ここまで来て引き返すことなどできはしない。
だって、どうやってここまで来たのか覚えてないんだもの!(もう一回やれって言われたって無理よぅ)
という非常に消極的な理由でもって、そのまま二階へと上る。
部屋の中央辺りに居るドワーフの少年および二つの宝箱のところまで、またまた散々四苦八苦しながらたどり着く。
ここの住人はいったいどうやって、この住みにくいことこの上ない城で生活してるんだー!(教えてアルミラージ)

さすがにSFC時代ほど「盗賊ですオイラあやしいです!」ってな格好(ピチピチパンツに上半身裸、顔には目出し頭巾)ではなかったものの、やっぱり真っ当な青少年とはいえないようないでたちの彼をぶち倒し、ついでにやっぱりあまり美人さんじゃなかった雪の女王を蹴散らして、春風のフルートをゲットした。
氷の館自体の印象が強いから、ラスボスについてあんまり覚えてないや……。(それでいいのか雪の女王)

さて、さっそくフルートをポワン様へとお届けしよう。
……それには、またこの氷の迷路を抜けていかないといけないわけで。
さらに、裏庭においてあるっぽい宝箱も気になるし。

あー、世界に春が訪れるのは、もう少し先になる……かも、しれない(遠い目)
スポンサーサイト

またプレイはじまってうれしいです!わたしもビアンカ命。先生なんですね・小学校ですか?いまは子供もたいへんだけど、がんばってくださいね!更新毎日確認してます。期待してます!はやく山奥にいってほしいなあ・・・・。

2006.08.30 18:53 URL | かおり #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soraironote.blog4.fc2.com/tb.php/64-1fbf6bd0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。