別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DSにてリメイクされたドラゴンクエスト5―天空の花嫁―のプレイ日記。
注:ネタバレがあります。未プレイの方はご注意ください。



第10話 ラインハット事件

妖精の村を無事に救った主人公、次のイベントはラインハットの誘拐事件。
PS2時代はここで止まっているので、この先はSFC以来、二度目のプレイだ。
どうにもならないとわかっちゃいるけど、やっぱり、行きたくないよぅ・・・。
では、簡易版なのでさくっといきます、さくっと。

●村を出る
この先に待ち受ける運命を知ってしまっているが故に、村の入り口で父パパスが待っていることを知りながら、延々と待たせ続けて無駄な抵抗をする(じたじた)
サンチョぉ、離れたくないよぅー(ばたばた)
門番さんに挨拶をしてから出発する時の、パパスのセリフがまた泣かせるんだ・・・。
帰ってきたらって、帰ってきたらって・・・帰ってなんか来られないくせにーっ!(うえーん)

●川を渡る
ラインハットとの国境に流れる川。関所の兵士さんに通してもらう。
川の畔で、この国の行く末を案じるおじいさんにも、ちゃんと会う。
そして、お父さんに肩車をしてもらう主人公。
うっうっう、最後の親子のふれあいなのよね・・・(もはや何を見ても泣ける)
その後、しれっと来た道を戻りかけるパパス。意外とうっかり。
だーかーらー、このまま帰ろうよーっ!(じたじた)

●ラインハット城
妖精の村のポワンさまの宮殿が派手になっていたのにも驚いたけれど。
ラインハット城も、3Dになったおかげでえらく立派に見える。
謁見の目の当たりなんて、中二階に螺旋階段だよ、すっごい。
ひしっとパパスにくっついて離れまいとするが、城の中を見てこーいと放り出されてしまった。
しかたなく、隅から隅まで見学して回る。
屋上の大臣。心配してる暇があるなら、王妃の動きをきっちり押さえておけっ!
王妃とデール。・・・だめだ、反射的に過去の恨みがっ!(前世の記憶)
ヘンリー。こんなにイヤなヤツだっけ?ものすんごい腹立つんだけど。

●ヘンリー王子(後の親友・・・の、はず)
結局、様々な妨害工作にもかかわらず、ヘンリー王子のおもりを引き受けてしまったパパス。
友達になってやってくれって頼まれるけど、でもさあ。
誰かに頼まれてなるもんじゃないぞ、友達って。
そんなに友達いないのか、ヘンリー。・・・うん、いなさそう。
子分になれ!という問いにたいへんカチンと来たので、無駄を承知で十数回反抗してやる。
――――いいえ (×十数回)
――――「はーん?聞こえないなあ。もう一度聞くぞ」 (×十数回)
・・・やっぱイラつくーっ!(むきーっ)

●事件発生
どうあっても選択肢のループから抜け出せないので(ローラ姫を思い出した)、
仕方なく「子分になってあげる」ことにしてあげないでもない。(まだ抵抗)
騙されるの分かってて騙されなきゃいけないって、すっごい腹立つわ。
そして、例によって消えるヘンリー。探す主人公。
ああ、この時点でパパスが主人公のセリフを信じてくれていたなら!
地下の秘密通路にて、ヘンリー王子は華麗に誘拐され。
パパスの所まで駆け戻って報告し。
そして、悪党どもは筏にのって逃げていった。
・・・ヘンリーが殴られて連れて行かれるシーンが、なんかグレードアップしていたような。(観察)

●パパス暴走
後を追って飛び出していくパパス。ついてこい!って言うけどさぁ。
足が速すぎて当然追いつけない。待ってーおとうさーんっ!(ぜいぜい)
・・・実は、連れて行く気無いでしょ、パパ。(ジト目)
やっぱりここは、お城の兵士さんたちにも連絡して、大軍で攻め入るべきだったよ。
単身で乗り込んでいくから、あんなことに、あんなことにーっ!(うわーん)

●地道に準備
仕方がないので、チロルと二人でパパスを追うことに。
といっても、現在のレベルじゃ、ラインハット城周辺の敵でも身が危うい。
せっせと戦い、レベルを上げ、お買い物に精を出す。
主人公にチェーンクロス(1200G)と鉄の盾(750G)。
チロルにも鉄のツメ(550G)と、鉄かぶと(1100G)を購入。
・・・だって、ゴンズたちに一矢くらいは報いたいっ!(めらめら)
主人公がLv.12。チロルはLv.10になった。
でも、チロルの賢さがまだ20に達してない。言うこと聞いてよぅ、相棒。(切実)
ちなみに恐ろしいのは主人公のステータス「うんのよさ」。
このレベルになってまで「5」だ。
ほかのステータスはとっくのとっくに30近いってのに。
・・・不幸な人生がこんなとこにも暗示されてるのね(さめざめ)

●魔物たち
ラインハット周辺では、今まで出てこなかった敵も登場する。
今回、スライムナイトが初お目見えだ。
将来的に大変お世話になる予定なので、正直あまり敵対はしたくないんだけどなぁ。
剣の切れ味は鋭いわ、ホイミも使うわで大変面倒な敵だ。
しかも、今回、攻撃グラフィックスが多彩化されたことでびっくりなシーンを目撃!
――――なんと、スライムナイトが。
――――スライムから、降り。
――――自分が乗っていたスライムをむんずと掴んで。
――――それでもって相手をぶっ叩くっ!
えーっ!スライムナイトって、スライムから降りられたのっ!?(目から鱗)
っていうか、だとしたら相棒たるスライムにその扱いはどうなの!?


・・・うわ、結構長くなっちゃった。今回は、ここまで。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soraironote.blog4.fc2.com/tb.php/69-305697b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。