別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いよいよ、本番です。


<木曜日>
7限目の授業が終わり、帰りのSHRと掃除を済ませた後。
進路指導部の雑用班(3年の担任以外の教員)総出ですぐに会議室の準備に入ります。
机を3つの島に分け、文系1、文系2、理系と札を貼って席を準備。
部屋の中央には、ウチの学校の子が多く受験する地元大学の要項、その他資料を積みます。
あとは、蛍雪が出してる冊子とか、河合塾やら代ゼミやらの雑誌も用意。
仕上げに、事務からポットと湯茶セットを借りてきて、お茶請け菓子と一緒に並べます。

むかしは、夜食のお弁当は学校の予算から出してくれていたそうですが・・・。
公務員にやたらと手厳しいこのご時世、そんなお金が出るわけもなく。
(「公立教員には福利厚生という概念自体がない」と事務長に言い切られたウチの学校)
緑茶のティーバックは、教員みんなで飲み会のために積み立ててている親睦会から。
コーヒーや紅茶は、進路に届く大学や専門学校からの粗品から。
お菓子やおにぎりは・・・たぶんあれ、進路指導部長の奢りなんだろうな。(遠い目)
ごちそうさまです。疲れた脳みそにおせんべとチョコがおいしかったッス。
イイヒトだなあ・・・、うちの部長。(しみじみ)


さて、1日目の開始時刻は16:30。
資料を片手に、続々と教員が会議室に集まってきます。
その真剣な面持ちと抱えた大量の資料、メンバーの大物っぷりに通りすがりの生徒たちが戦々恐々。

「・・・見たか?あれ。きっと会議なんだぜ」
「うっそ、数学も英語も国語も・・・みんな入ってくじゃん!あ、教頭も!」
「えー、なんか重大会議なわけ?」
「もしかして、誰が補充対象者とか決まんのか?うっわ俺やっべー!?」
「わからんよー。補充とかじゃなくて、留年の子を決めんのかも・・・アタシもやばっ!」
――――ヤバイと思うなら常日頃から勉強しとけー、2年生。(温かい目)

「先生、なんかあったの?誰か警察につかまったん?」
「学校やめる子がおるかもってホントなん?誰?一年の子?」
「ハンド部がつぶれるかもって先輩言っとったけど、今日ってその会議なん?」
「いじめ?ウチの学校にもあったんやなぁ・・・」
――――ないない。それはないけど、そんなに日々心配事を抱えてたんだね、一年生。


校長先生のスピーチにて、会議は開幕。
それぞれの子が、自分に最もふさわしい進路を選べるようなお手伝いを、だそうだ。
そうだよねぇ。結局、決めるのも受験するのも本人だもんね。
私たちはお手伝いができるだけ。・・・うーん、結構切ない。

私は理系チームに所属。仕事は、パソコン使った合格判定の検索。
他の先生たちの判断の材料になるように、模試判定システムを使い、その子の模試データから受かりそうな学校を検索したり、志望校の合格可能性を見たりします。
ま、あくまで参考だけどね。試験は水物、本番に模試通りの結果が出るとは限らないし。
「ここは?」「こっちは?」「学科変えたらどう?」
「県内は厳しいな・・・」
「いっそ海超えれば・・・」(=本州では難しい、の意)
と次々繰り出される指示に従いマウスを操作、結果を読み上げます。
集中力がいるなあ、これ・・・。(肩トントン)

系統ごとに成績のいい順に並んでいるので、後ろに進むほどにみんなのテンションがダウン。
最初のころは「是非ここの大学に!」って張り切ってたんだけど、ねぇ。
だんだんと、「もう国公立ならどこでも」になってきて。
そのうち、「受かる学校はどこにあるんだ?」に進行。
いや、大学を選びさえしなければ、このご時世、進学はできるんだけど。
あんまり評判良くないところに進学して、結局続かなかったりしたら、ねえ。
実際、進学はしたものの途中でやめて帰って来ちゃう生徒もいるらしいし。
できるなら、本人と保護者が納得できる進路に進んでほしいもの。
――――まあそれには、必要最低限の努力がいるワケなんだけどもさあ。(遠い目)

途中に休憩を挟んで、激論を戦わせ続けること4時間あまり。
1日目の終了は8時半過ぎでした。予想より早かったな。
確かに、これ以上は確かに集中力が続かんけど。
人数の半分が終わったので、残りは明日。
・・・・・・肩が、ガンガンでした。頭もくらくらするかも。
データ画面がまだ脳裏に飛んでる感じ。
これで明日も授業だってのが辛い。
明日はー、金曜だからー、うわ一時間目から授業あるじゃんか。
しかも理系数B。(ヤツらは頭がいいので授業にも神経を使う)
・・・・・・明日に備えて、今日は早めに寝ようっと。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soraironote.blog4.fc2.com/tb.php/93-5b483e66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。