別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最終日です。

<金曜日>
いつもは7時間授業を展開しているうちの学校ですが、金曜日だけは例外。
「部活動の日」と称して、6時間で授業が終わります。
……って言ってもも、ねぇ。
部活なんて、やってるところは毎日やってるし、やってないところは毎日やってないのに。
(吹奏楽部なんて、毎日8時まで練習してるぞ?よく体力持つなあといつも感心)

スタートは15:30。昨日よりも1時間早いので、終了も早くなることを期待。
理系の資料冊子は“工学部機械系”から始まり、昨日の時点で“情報系”まで完了済み。
今日は、“工学部電気電子系”からのスタートです。
この系列の特徴は、大学で何を勉強できるのか学部学科の名前からではよく分かんないこと。

「工学部電気電子学科」
「工学部電子情報学科」
「理工学部電子電気学科」
「理工学部電気系学科」
「工学部機械知能学科」
「工学部電子システム学科」etc.
……分かんないよ、さっぱり。(遠い目)

教員始めて4年目、バイト時代も含めれば受験産業に関わって8年目の私でこれだもん。
受験生本人も、どれだけ分かって書いてることやら……。
しかも、最近大学再編が進んで、より分けの分からん名前が増えてきたし。
四文字以上の名前の学科って、基本、怪しげな気がするのは偏見かなぁ。
カタカナはいると、より怪しさが増す、ような……。
もちろん、まっとうな大学や学部学科が大半なんだろうけど、出来てすぐつぶれたところってそういうとこが多い気がする。
事前のリサーチって、本当に大事だと思うなあ。どこ受けるにしたってさ。

お次は建築・土木系。
最近、土木系は人気がないらしい。
建築学科に含まれることが多いデザイン関連を志望する生徒が多いので、仕分けが大変。
ストレートに建築に受かりそうにない場合は(人気が高いので倍率も高い)、
仕方なく土木と絡めた学科や、家政科住居系なんかも視野に入れて探すことに。
こうなると、けっこういい女子短大が浮かんできたりするんだそうです。
女子って、お得よね。男子は絶対入れないんだもん。(入ってから人間関係大変らしいけど)

工学部の次は、農学系。
ここは、やりたいことがはっきりしている生徒が多いのでとてもやりやすかったです。
海洋生物の研究して水族館に勤めたい!とか。
実家が農業やってるので穀物生産の勉強しなくちゃ!とか。
馬が好きなので畜産系に進みたい!とか。
トリマーになりたいから、専門学校で十分です、とか。
大学を出たその先の人生まできちんと考えている子ばっかり。
したがって、成績が足りなくて困る子はほとんどおらず、検討は滑り止めどこにする?程度。
……といっても、やりたい勉強がピンポイントな分、それが出来る大学は基本的に少なく。
滑り止めに出来る大学が他にどこにもなかったりするという困難はあるみたいです。
「そんなところにそんな大学あったのか……!」みたいな大学名が上がってました。
でも、こういう進学の仕方をした子は、絶対に楽しい大学生活が送れると思うな。
基本的に農場やら海洋研究所やらが必要なので北の方に偏ってるのも特徴。
下宿覚悟の子が多いな、って感想も持ちました。やりたいことのためだもん、平気か。

ラストは、教育その他。
……教員になりたい理系の生徒って、あんまりいないのねー。
地元国公立大学の教育学部が一番人気だけど、そこへ行けそうな子はあまりおらず。
私立もなあ、教育学部は難しいんだって。国公立より採用試験の合格率がいいから。
確かに、同期を見渡しても私立大学教育学部出身の先生は結構多い。
それでも高校はまだ国公立組のほうが多いかな。教育畑でない人も多い。(私もそうだし)
小・中の先生は圧倒的に教育学部出身の人が多いから、私立が強くなるのかも。
どこの教育学部にも受かりそうになく、かつ下宿が出来ない生徒には……奥の手を紹介。
必殺、工学部でも数学や理科の免許がとれるところは実はあるのよ大作戦。
理学部で取れるのは知られてるんだけど、工学部でもOKって意外とマイナー。
もちろん、工学や情報の免許が圧倒的に多く、数学や理科もとれるところは少ないけどね。
今の学校には、工学部での数学の先生や化学の先生が結構いらっしゃいます。
私は理学部出の数学教員だし。
文学部心理学科出身の英語の先生とか、農学部出身の生物の先生とか、いろいろ。
あきらめなければ、道は開けるのよってことでしょうか。
……でも勉強はしてね。(今の生活実態で教員は勤まらんと思うわ)


すべて終了したのは、やっぱり八時ちょっと過ぎ。
この結果を基に、来週から三者懇談が行われ、実際の受験校が決められます。
そして1月。センター試験の結果が上がってきてから、最終的な受験校の調整があります。

行きたい学校と、行ける学校って、一致しないことが多いものです。
その学校を目指して、ずっとずっと頑張り続けていたとしても。
本番の試験で思ったような結果が出なければ、あきらめなければならないこともあって。
そのたびに、応援することしかできない私たちは、とてもやるせない気分になります。
もっと早くから勉強しとけば良かった、もっと真面目にやっとけば良かった、と。
泣きながら、しゃくりあげながらつぶやく姿は、出来るなら見たくありません。
せめて、「やるだけのことはやった」と言えるだけの努力を、今のうちに。
今から、出来る限りのことを。来るべきその日のために。
――――勉強、しようね?高校生。特にうちの学校の現2年生たち!(切実)

毎年毎年言ってる気がしますが。
出来るだけ多くの受験生が、目指す未来を手に入れられますように。
頑張れ、受験生!
スポンサーサイト

昔の知人のサイトを巡っていたら、
更新なされていて驚きました(←失礼)。

お元気そうで何よりです。

苗字が変わっていたり転勤していたりと
明るい変化が起こっているようで、
変化のない私にとって
眩しいばかりです。

>四文字以上の名前の学科って、基本、怪しげな気がするのは偏見かなぁ。
我らが母校、特に院は。。。
就職活動時に由来・意味を説明した覚えがありますよ。

2009.01.18 22:17 URL | ナレ(安城) #hG7ZF4t. [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://soraironote.blog4.fc2.com/tb.php/94-2a5756f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。