FC2ブログ

別冊ソライロノート

ドラクエ好きな数学教員、現在育児に奮闘中。

「あっ」と言う間もあらばこそ、梅雨も半ばを通り越し、暦はとうとう7月です。
つまり、2010年ももうすでに半分終わってしまったということに。
・・・・・・時の流れってこんなに速かったっけー(遠い目)
とつぶやきたくなる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

やーっとゲームをする暇ができ始め、念願のドラクエⅣ5章をはじめた連休明け。
しかし6月は、マーク模試、中間考査、もう一つ模試、課題実力テスト、
と、怒涛のように畳み掛けてくるテスト月間。あ、ついでに修学旅行もあった。
それを必死に戦っている間に、いつのまにやら教室には扇風機の姿が・・・。
こちとら先日衣替えをして、コタツ布団をクリーニングに出したばかりだってのに。
どうりで長袖ジャケットじゃ暑いと思ってたんだよなー。(のんき)


夏が近づくにつれ、うちの学校の受験生さんたちにも徐々に変化が現れつつあります。
最後の大会を終えて無事に部活動を引退し、空いた時間をもてあますうちに
「ひまー暇ーひまーっ!・・・しゃーねーなー勉強でもしとくー?」
みたいなモードに移行しつつある模様。うんうん、いいことだ。
もっとも、野球部やら吹奏楽部やら演劇部やらのように、夏に最後の大会を控えている部は
現在まさに絶賛追い込み中で、受験の「じ」の濁点すら脳裏に無いような子も多々いますが。
それでも、文字通り模試と試験の嵐だった6月を経て、「受験をしなければならない自分」
というものを受け入れつつある子が増えてきたような気がします。

それに伴い、最近めっきり増えてきたのが「先生、ちょっと話があるんやけどー」というヤツ。
進路についてのお悩み相談をもちかけてくる生徒が、ここ最近とっても多いのです。
ほとんど毎日放課後がつぶれるので、帰宅時間はどんどんとずれ込む一方。ああ、ドラクエが・・・!
・・・・・・いやいや、生徒とお話しするのは大事な大事な職務の一環ですとも。
ここできちんと信頼関係を作っとかないと、冬の受験本番でえっらい苦労するはめになるしね。

志望校についての情報収集やら、受験科目調べやら、昨年度の受験データ閲覧やらの調べもの派。
第一希望を決めかねている子や、親御さんとの意見が合わず悩んでいる子。
「周りはどんどん受験生になってくのに、私だけ置いていかれちゃうっ!」というような愚痴。
果ては「先生、私、どんな人生を送ったらいいんでしょうか」とものすごい真顔で聞かれたことも。

うーん、そればっかりは私が決めることじゃないからなあ。(苦笑)
自分の心を見つめなおすお手伝いはするけど、自分で決めて、自分で覚悟して、自分で背負うんだよ?
みんなそうやって、受験にしろ就職にしろ、取捨選択して生きてきてるんだよ。
大丈夫、まだ夏前だよ。悩んで迷って考えるための時間はいっぱいあるよ。
手遅れになる前に自分で気づくことができるなんて、とっても偉いしすごいじゃないの。
私も手伝うから、今までほったらかしにしてきた「自分の人生」ってやつと、いっぺんちゃんと向き合ってみよう?
・・・・・・おおむね、そんなスタンスです。
だって受験するのも進学するのも就職するのも、私じゃないしねぇ。(毎年言ってるけど)

あとは、紙とペンを取り出して(多色ボールペン推奨)、ぽつぽつと生徒の口から出ることをメモし、
箇条書きにし、図式化し、そうこうしているうちに「何を悩んでいるのか」が見えてくるパターン。
困ったときは、とりあえず表とグラフと箇条書きよねぇ。
何で悩んでるのかも分かんなくなってきちゃった!って泣きそうな子でも、大抵コレで何とかなる。
理系の必殺技だと思うなあ、箇条書き。
ぐだぐだ長い愚痴って、ざっぱり斬りたくなってしょうがないんだもん。(←ヒドイ)
細切れにして関係洗いなおして並べ替えて、そしたら対処法だって見えるのよ。

本当は、数学の授業はそういう「論理的な思考能力」ってやつを鍛えるためにもあるんだと思うんだけど。
・・・・・・私のところへ相談に来る生徒を見ている限り、教育効果はとても怪しい。(遠い目)
まずは表の読み取り方から指導したほうがいいのかも。データの見方がなってない。
確率統計が正式にカリキュラムに入ることだし、社会科とタイアップして真剣に指導案練ろうかなあ。


高3の担任をやらせてもらうのは今年で2回目。
去年の今頃はこんなに忙しかったっけ?とふりかえってみました。
・・・・・・・・・・・・こんなに懇談三昧していた記憶がさっぱりありません。(遠い目)
だってまだ全然自覚無かったよ?去年の理系男子たち。
文化祭と体育祭が終わって、やーっとエンジンかかってきた雰囲気だったよ?
雪がちらつく頃になってまで、とっくに引退したはずの部活に混じってグランドにいる生徒もいたよ?
いや、さすがにそれは少数派だったけど。(でも実在はした)
やっぱり、文系と理系ではキャラが違うのねえ、としみじみつぶやいてみたら、
「いや中本センセ、それは今年の文系女子がエリートだからですからね。毎年じゃないですから!」
と多方面から釘を五、六本さされました。え、そうなの?
去年のクラスも大好きだったけど、今年も生徒に恵まれたみたいです。有り難や。(なむなむ)
早くからちゃんと考えて、準備して頑張った分、いい結果が出るといいのになあ。
そんなことを思いつつ、7月半ばの保護者懇談を迎え撃ちたいと思います。
暑かったり寒かったり、本当にわけの分からない天候が続いております。
半袖出した三日後に、圧縮袋に片付けたはずの毛布が必要になるってどうなんですか。
と、そんなアップダウン激しい日々が続いておりますが、
みなさまお元気でいらっしゃいますでしょうか。


えー、新学期の動乱期を乗り越え、「新しい日常」とやらのペースがようやく
つかめてきたような、そうでもないような、そんな感じの日々です。

3年は演習授業ばかり、加えて同じ内容を1、2年の授業でしゃべるので、
どのクラスで何をやったんだかきっちりメモっておかないと大変危険。
でも、演習クラスの割に(そして文系の割に)モチベーションが高い子も
ちらほらいることが分かってきて、私のやる気も上向いてきた気がします。
どうしても文系の子たちが英語や国語を優先させるのは仕方ないし
(理系の生徒たちが社会や国語を後回しにするのと同義)、
とあきらめていたんだけど、いやいや、なかなかの人材ぞろいじゃないですか。
まあ、やる気が無いなら出させるのが教員のウデなんだけれども。
・・・・・・いや、やっぱり数ⅢCの授業はやりたかったんだけどさ。(しつこい)
最小限の労力で最大限の力を付けさせるにはどうするか、という命題が見えてきたかな。
あとは、モチベーション格差とクラス内学力格差への対応。
この年(高3)まできちゃうと、なかなか是正は難しいからなあ。うーん・・・。


部活動のほうも一段落着きました。
毎年、母の日に行われているうちの部(吹奏楽部)の定期演奏会も無事終わり、
春のPTA総会合わせで行われる「部の保護者説明会」も乗り越え。
新入部員もそれぞれのパートが決まって、教育係の2年生もつき、
あとは夏の大会に向けて盛り上がっていくぞいえーぃ!な空気。
ここまでくれば、あとは指揮者の先生と指導者の先生方と、
それから部長副部長パートリーダーたちに丸投げでたぶんオッケー。
夏の合宿やらホール練習やらの手配が始まるまでは、まあなんとかなるっしょ。


今のところ、クラスのほうも平和です。
ただGW明けから、ちらほらと欠席や遅刻が目立つ子が出始めました。
理由はみーんな一律、判で押したかのように“体調不良”。
・・・まさしく、ひそかに恐れていた事態です。

うちの高校は「進学校」を名乗る中堅高校で、3年の春ともなれば
「さあ受験生!」とばかりにいっせいに進学指導がスタートします。
やれ志望学系はどうする、将来何の仕事に尽きたいんだ、下宿はする気あるのか、など。
将来のことなど深く考えもせず、のほほーんと生きてきた17歳にこれはキツい。
そうならないために、一年生の頃からキャリア教育やってんだけどなあ、
なかなか目の前に分岐点が迫らないと、必死になってくれないのがうちの生徒たち。
それと部活の最後の大会ラッシュが重なるので、毎年疲れ果てる子が出てしまうのです。
ココロも生活も「受験生」になっていく周りの子達に、置いていかれる気分になるのかも。

周囲の新しい環境になじめないんだから、これも5月病って呼んでいいと思うんだけど、
受験校の高3特有の症状でもあるんだろうしなあ。
こればっかりは、自分で飲み込んでケリつけてなんとかしてもらうほかない。
担任にできるのは、話を聞いて欲しそーな顔をしているタイミングで声かけるくらい。
辛そうなのは良く分かるし、何とかしてあげたいのはやまやまなんだけど、
人生も受験も、私が代わってあげるわけにはいかないんだよーう。
ただ毎日楽しく何も考えず、のほほんと生きていられた生活がもうすぐ終わるんだってことを、
自分で納得して、あきらめて、んでその先にある「自分の人生」ってやつを見つけてくれないと。
大人になるのも、けっこういいもんだよ?
少なくとも私は10年前女子高生をしていた頃の自分よりも、今の自分のほうが好きだ。
自分で選んだダンナさんと暮らし、自分のやりたい仕事ができる今のほうが、ずうっと幸せ。

とりあえず、「今の楽しくお気楽な高校生活」に固執したい子ども達の目が、
10年後、20年後に向いてくれるよう地道に誘導しつつ見守ります。
去年は理系だったから、それなりに自分の人生設計持っている子たちが多かったんだけど、
今年の文系クラスは本当になーんにも考えていないお嬢さんたちばっかりでクラクラします。
汗水たらして働いて、お金稼がないと生活していけないって分かってる?
このご時世、「お嫁さんになりたいの(はあと)」じゃ生きていけないんだよ?
そんな生活が許されるような旦那様捕まえたいなら、まず自分磨きから始めやがれ!
と、なんど懇談中に心の中で叫んだことでしょう(遠い目)
女の子ってコレだからキライよーとうめきつつ(いや私も一応女なはずなんだが……)、
有名な大学なら学部なんざどこでもいい、後はなんとかなるやろーと言い放つ
プライドばっかり高い文系男子にゲンコツ落としつつ(それなりの学力つけてから言え!)、
麗しくも楽しい(←ヤケ)高3担任ライフはまだまだ始まったばかりです。
春はどこへ行ってしまったのー?何なの、この寒さはー!?
……と、全力でお空に苦情を申し立てたい今日この頃です。
冬物まだ片付けてなくてよかったよね、うん。(暇がなくてやってないだけ)
ご無沙汰しております、皆様いかがお過ごしでしょうか。

いよいよ新学期(=生徒の登校が始まる始業式後)が始まり、
やっとのことで土日を迎えました。
いや、先週の土日は結局学校へ仕事をしに行っていたので、
気分的に「新学期初の土日」なのです。

春休み課題テストの採点も無事に完了し、まあ処理は残っているものの
(私のパソコンは今「祭典」と訳しよりました。違うにもほどがある!)
新学期明け恒例春の二者懇談習慣も半分くらいはさばき終わり、
よーやく本格的に授業に力を入れられるようになって来ました。
あー日常だー。(幸せ)

やっぱり私は授業をしているときが一番楽しいです。
本当は普通の授業(受験対策演習じゃないヤツ)が好きなんだけど、
週に21コマある持ち授業のうち、半分は3年文系演習なんですよね。
3年文系クラスの担任が持たずして誰が持つ、って言われたらその通りなんですが。
だからにっこりおとなしく「ハイやらせていただきまーす」って言いましたが。
でもやっぱり理工系のⅢC持ちたかったよーぅ。(まだ言ってる)

国文の演習は習熟別なので、発展クラスと基礎クラスがあります。
私の持ちコマは、自分のクラスの発展クラスと、隣のクラスの基礎クラス。
……自分のクラスのほうが授業やりにくいってのは、担任の宿命なのかなあ。
エリートな分だけ、こう、静かというかおとなしいというか真面目というか、
――――冷たいというかリアクションがないってゆーか?
真面目に授業に取り組もうというその姿勢は実にすばらしいと思うし、
応援するべきなんだろうと思うんだけれど。思うんだけれども。
あんまりレスポンスが無いと教科担としてはひっじょーにやりづらいよ。

「ハイ、ここまでで解説終了です。さてこの問題、できた人ー?」
しーん。
「あ、あれ?じゃあできなかった人ー?」
しーん。
「・・・・・・答えたくねぇよって人ー?」
しーん。

違うよ、そこは笑うもしくはツッコミいれるとこだよっ!

と、こう、ね。
芸人気質の教科担任には、正しく針のムシロなわけです。
「は?んなくだんないことやってないで、ちゃっちゃと進めたら?」
……みたいな目がね。冷たく刺さっていたたまれないよ。あああ。
お互いほぼ初対面なもんで、慣れてないのもあるだろうけどさあ。
どうせ演習なんだから、せめてテンションくらい高めで楽しくやろうよー。

贅沢なこと言ってるのは自覚してるんですけどね……(遠い目)
黒板向いた瞬間後ろから何かが飛んできたりとか、突然誰かがいなくなるとか、
何もないもんな。平和だよな、うん。いいことだ。
去年みたいに、

「はーい、この問題、できた人ー?」

「はいはいはーい!俺できた!俺って天才!?まじすっげー!」
「えーアンタより私のが早かったもん!私のがすごいよ、ね、センセ!」
「おっまえ、途中で教科書見てただろ、俺自力だもんね」

「はいはい、みんなすごいわねー、優秀なクラスで私しあわせよー」
「先生ー。超棒読みなんですけどー」
「いやだって、たかだか教科書の練習問題解けたくらいで争われても」
「えー、じゃあセンセ、どれくらいできたら俺のこと褒め称える気になる?」
「(にっこり)そうねー、ちょうど今ここにタイミングよく、プリントがあってね?」
「(ぎく)」
「入試問題からてきとーに抜粋してみた発展問題が載ってるのよねー」
「(ぎくぎく)」
「こーんな問題、優秀なる我が中本クラスに解けないはず、ないわよねー?」
「「「えええええーっ!?」」」
「大丈夫大丈夫、そうねー。5分もあればいけるかなー?(配布しつつにっこり)」
「「「わああああっ!?」」」
「ハイじゃあスタート!」
「ちょーっと待ってセンセー!?」
「待ったなし!」
「鬼ー!これ、●●大学って書いてあるよ!?」
「できるわよ大丈夫」
「悪魔ー!」
「大魔王ー!」
「いいアダナだわねー。レベルが足りない子は修行して出直してらっしゃい?みたいなー」
「ひでー!」
「くそー、俺じゃレベルが足りねー!」
「俺もだ!あ、武器!なんかいい武器とか防具とかないの先生!」
「……教科書の○○ページくらいを探すと、何かいいもの落ちてるかもよ?」
「よし、みんな教科書だ!教科書の探索を手分けしてやるぞ!」
「みんなで力をあわせて、大魔王中本を倒すんだ!」
「「おー!」」
「楽しみに待ってるわよー、勇敢なる勇者諸君?」
「余裕の笑みがムカツクー!」

みたいなノリのクラスって、そんなに実在しないのかしらねー。
(冷静に今振り返ってみると恐ろしいことに、上記の話はほぼ実話です)
ほぼ男子が占める理系クラスとは、質から違うんだろうな。
でも、もう一つの国文演習(基礎)クラスは、ほぼ去年と同じノリでいけたしな。
のっけから、二次関数のグラフと放物線の話から、パラボラアンテナへと話が移り、
オリンピックの聖火採取からギリシア神話へと話が横滑りしたぞ。(あれ?)
そっちも女子が大半のクラスなんだけど。大いに盛り上がったぞ?
いったい何が違うのかしら。
――――偏差値?くらいしか思いつかん。もしくは、単に相性の問題。
むー、真面目ちゃんたちへのアプローチの仕方を試行錯誤して探り中です。頑張ろう。

そんなこんなで、あわただしくも充実した日々を送っております。
放課後が懇談でオールぶっつぶれなので、これから一週間分の予習に取り掛かります。
基礎クラスはわざと間違えて見せて、発言しやすい空気を演出、なんてこともしますが、
エリートちゃんたちの前でそれやったら、一発で「あ、こいつダメ」って信頼感なくしそうだ。
びっちり隙無く予習してったほうがいいだろうな。
授業の腕があってこその教員だもんな。
まずは数学力をアピールするところからはじめてみよう大作戦。
めげないぞ!文系女子たちの心を掴むまで!
校庭の桜も満開を迎え、新学期が始まってそろそろ一週間。
みなさま、どのような春をお過ごしでしょうか。

今年度は、・・・いえ、今年度も。
3年生の担任をやらせていただくことになりました。
昨年度は理系クラスだったのですが、今度は文系。
校舎2階を、東の果てから西の果てへと一気に大転回です。

「国文」と呼ばれる、国公立四年制大学の文系学部を目指す
生徒さんたちが集うクラスで、女子の多さにすでにくらくらきております。
・・・いや、新学期はまだ始まってもいませんが。
名簿やら机列表やら生徒調書やらを見ているとこう、ね。(遠い目)
男子、少ないなぁと。割合は1:2よりもやや女子優勢かな。
昨年度末の成績ランキングと照らし合わせても、上位陣は見事に女子オンリー。
「私文」クラスにいたっては男子わずか5名だったりもするので、まだましかなぁ?
強く生きろよ、男の子。と、思わず肩を叩きたくなる環境です。
昨年度はマニアでオタクな理系男子&あっさりざっぱり理系乙女と戯れる日々でしたが、
どうやら今年は素敵エリート文系女子たち(+α)と素敵な日々を過ごせそうです。
――――慣れるまでにだいぶかかりそうな気がします。(とっても遠い目)
高・大と理系育ちで、女子の集団に慣れてないんですよぅ・・・。

ウチの学校は3年生だけダブル担任制を敷いているので、各クラスに担任が二人ずつ。
だから毎年大量に「3年生の担任」が必要になり、私も駆りだされることになりました。
そろそろお母さんになりたい計画もあったので、副担任で希望を出したのですが・・・。
講師以外の教諭がほぼ全員正担任を持たないと回らない状況なので、
定年寸前だろうと産休明けだろうとみーんな担任。なんつー容赦のない学校だ。
「授かり次第、産休に入りますから!」って宣言しといてこの仕打ちなんだから、
生徒&保護者から無責任だの何だの苦情が来ても、何とかしてよね上層部。
と、開き直らんとやってられません。年齢的にもそろそろって、しつこく念押ししたのになぁ。

愚痴っていても仕方がないので、頑張って前向きに行こうと思います。
女子だらけだろうと、顔と名前が分かる生徒がほとんどいなかろうと、
さっぱりわからん文系学部志望者だろうと負けるもんか!
数学が受験で必要のない生徒ばっかりで、モチベーション低くてもめげるもんか!
せっかく3年の担当なのに、数ⅢCの授業が一クラスもなくてもへこむもんか!
(コレがいちばん寂しい。理工系のクラス持ちたかったよぅ・・・)
要は生徒がみんな、それぞれ納得のいく進路を見つけて巣立っていけばいいのよ。
そもそも、勉強するのも進路決めるのも受験するのも私じゃないっ!
応援と支援は丹精込めてするけども、後は自力でなんとかしろ受験生!

ちなみに、分掌(会社で言う「課」みたいなもの)は、相変わらず進路指導部です。
今年は入試結果のデータベース化と、進路検討会の資料作成簡略化がやりたいなあ。
担任の先生がいかにめんどくさくないシステムにするかを考えたいです。
・・・私も3年担任だしね。効果にさして差がないなら、楽なほうがいいよ、うん。
手間を省くための労力は惜しまんぞー。

そんなわけで、例年通り夏休みにドラクエシーズンがとれそうです。
というより、もぎ取る。夏の部活の大会さえ終わればなんとかなるはず!
秋から冬にかけては再び修羅場決定なので、あったかいうちに4をクリアするんだー!
秋風が吹くまでに、エンディングを見るんだー!
ところで第5章って、どらくらい長いんだろう?

えー、早ければGW、遅くても夏休みには連載が復活できるかと思います。
ストレスに耐えかねて、週末ごとにぽちぽちプレイしているかもしれませんが。
DAYSだけはケイタイからでも更新できるので、何とか続けたい、なあ。
(と毎回言いつつ、あまり実行はできていない)
サイトのBBSはいったん下げます。管理が行き届かずトラブルの元になってもいかんので。
WEB拍手とメルフォは残しておきますので、どうぞご利用くださいませ。(ぺこり)

それでは皆さま、新しい生活が始まる方も、代わり映えのない日常と戦う方も、
素敵な春を過ごされますように。
そして、全国津々浦々の同業者のみなさまがた。
お互い頑張って新学期を乗り越えましょうねー!(手ぇぶんぶん振って)
本館ドラクエプレイ日記サイト“ソライロノート”に寄せていただいたWEB拍手への返信です。

●たかPさま

こんにちはー、いつもご来訪ありがとうございます!
いやー、レビューっていうほど大したもんでもなく、情動のつっぱしるままに
書きなぐっているというのが正しい表現なような気もしますが(^^;)
でもそのナマっぷりが売りなので、これからもテンション上げて行こうと思います!
「これからストーリーは重くなりますが頑張ってくださいねー」
「ちょっと暗めの展開になっていきますがめげないでくださいねー」
などなど多方面からご心配と励ましのお言葉もいただいているので、少々びくついておりますが。
・・・しっかし、みごとにめげやすく凹みやすい性格を常連さま方に見抜かれてますね。(遠い目)
でもでも、最後はハッピーエンドになることを信じて第5章もプレイしたいと思います!


● 樹里ママさま

いつも暖かい励ましのお言葉をありがとうございます!
そうなんですよ、またもや3年なのです・・・。しかも、今年は文系。
うちの学校は3年生だけダブル担任制(一クラスに担任が二人)で、
恒常的に担任不足なため、仕方がないっちゃないんですけれども。
講師以外の教員は、定年寸前だろうと産休明けだろうと容赦なく担任なので、
その顔ぶれ見ちゃったらなんだかもう抗議する気にもならず。
・・・そろそろお母さんになりたい予定だったんですけれどもねー(遠い目)
そうやって多方面に宣言しておいたはずなんですけれどもねー。(遥かかなたを見る目)
こればっかりはコウノトリさんのご機嫌次第なのでなんとも言えませんが、
まずは新しい受け持ち生徒さんたちのためにできるだけのことをしようと思います。
・・・もちろん隙を見てドラクエも楽しみます!あきらめるもんか!
どうぞ今後とも、よろしくお付き合いくださいませね(ぺこり)


●サガミさま

こんにちは、いつもご来訪ありがとうございます!
乗船券を装備・・・うんうん、わかります。
手に持ってないと見せられないじゃん!って思いますよねー。
私はドラクエ1のときに「ロトの守り」を装備しようとした記憶があります。
・・・たしか守備力じゃなくて、運のよさがあがるんですよね、アレ。「守り」なのに。
新年度が始まり更新ペースは落ちると思いますが、辛い(らしい)ストーリーに
めげず、第5章を頑張りたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします!